仮想通貨は本当に終わってしまったのか?

「寝てるだけで朝起きたらお金が増える」

2017年にテレビなどで取り上げられ大きく成長し、年始の10万円台から年末には220万円まで成長したビットコインをはじめとする仮想通貨。

イーサリアム・リップルなど様々な仮想通貨が台頭し、多くの通貨が100倍以上の値段をつける事になりました。

しかしその後、コインチェックのハッキング事件を皮切りに、ビットコインは大暴落。

2018年現在、70万円台を割る値動きで推移しています。

仮想通貨はオワコン?

結論から先に言えば、全く終わっていません。

世界的企業参入のニュースを見てみても仮想通貨はまだ黎明期であると言えます。日本でも金融庁に仮想通貨の取り扱いを申請している企業は数十社以上にのぼります。

仮想通貨関連の実態部分は着実に進展しており、将来的な暗号資産に向けて世界中の投資家が注目しています。

じゃあなんで値段が下がってるの?

下降トレンドだからです。

大きく下落したビットコイン

2017年は持ってるだけでお金が儲かると口コミで話題になっていき価格が暴騰してしまいました。

しかし、下降トレンドに突入した事で持ってるだけで価値が下がる=お金が減る状態になり、儲かると思って飛びついた投資家たちが我先にと手放した状態が現在の状態です。

日本では全然聞かなくなったけど・・・

ハッキング事件などもあり、日本では完全に下火です。しかし世界に目を向けると現在でも着実に参入者は増えています。

仮想通貨が大きく値下がりした理由

まず仮想通貨には、バブルの時は知られていなかった、もしくは熱狂の中でスルーされていた多くの問題点があります。

70万まで暴落したのは、値段が大きく崩れた以外にもこれらの問題点が露見し、徐々に不安が蔓延していった事が大幅な下落の原因と考えられます。

理由(1):法規制が全く整っていなかった。

仮想通貨は発展途上であるがゆえに、まだ各国でも法整備が整っていません。

つまり、インサイダーや仕手行為など、株式では当然禁止されている不正行為も堂々と行えるのが現状です。

理由(2):ハッキングのリスクが高かった

コインチェックや、Zaifのハッキング事件が記憶に新しい人も多いでしょう。

仮想通貨はお金です。世界中のハッカー狙っています。大量のコインを保有している取引所などが、ハッカーからそのターゲットになりやすいです。

個人も例外ではなく、ハードウェアウォレットやペーパーウォレットに保管するなど、個人でセキュリティ意識を強く持たなければいけません。

数百万円の仮想通貨を持っていても、盗まれたらその時点で終わりです。

理由(3):国による保証がない不安がさらに下落を招いた

円やドルなどの法定通貨は国が価値を保証していますが、仮想通貨は誰からも保証されていません。

各々が価値を感じて購入した結果需要と供給のバランスから今の値段にまで成長しました。

理由(4):売りの負の連鎖が続いた

仮想通貨は、幾度となく暴落しましたが、すぐにその値段を元に戻してきました。しかし、コインチェック事件、各国の規制、元の水準まですぐに戻らず、値段が下がっている現実に、パニック売りが続きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です